works:  パステル Art絵画の世界

 ~ひらめきに光と色をのせて~

    

 

ココロの中に観える特別な瞬間の風景・感じるエネルギーなどを描いています。

*Contents *    

     

  作品ギャラリー ~今までの作品と作風~

<作品名:HAMON
<作品名:波紋~音の和~>
<作品名:波紋~音の和~>
◇エピソード ~HAMONの絵~◇

HAMONの絵は時折テーマを変えて描いている。

静かな池に訪れた際、友人が石を投げた。

滑らかな水面に波紋が広がっていく。

すると、少し離れたところでも何かに反応して波紋が現れた。

 

もう一つ、また一つ。

ぼんやりその様子を見ていて、気づいた。

何か目が覚めるような瞬間だった。

波紋は重なりあっていく、幾重にも。

それぞれの波紋はぶつかり合い、交わっているのに、

決して自分の「輪」を変形させたり、崩したりしないのだ。

互いに邪魔することなく、それぞれが美しい輪を保ったまま広がっていく様に深く感動した。

 

「ハーモニー」が目に見えるとしたら、

こんな状態ではないだろうか・・・。

<作品名:ヴィーナスのめざめ
<作品名:愛の詩
  ~ai no uta~
<作品名:夢、輝いて
◇エピソード ~白い鳥・白い羽根~◇

光や輝きをイメージに合わせて描いている。

パステル画を始めたのは、

この表現をしたいと思ったのがきっかけだった。

感情やテーマを絵にしたら、どんな光でどんな煌めきを見せるだろう・・・。

感じるままに、イマジネーションの世界を表現している。

光の絵に、白い鳥や白い羽根を登場させるのが好き。

​<作品名:大切な今>
<作品名:Freedom
<作品名:変容の魔法
◇エピソード~女性が登場する絵~◇

女性の絵を、あるタイミングから描くようになった。

人生の何度も通過する大小の「終わりと始まり」の間のような時期に

 

なぜか美しい女性像が浮かび上がってくる。

妖精のような、女神のような・・・その時々に感じる女性像を描いて

 

いるうちに、人生の次なる挑戦や取り組んでいくテーマのようなもの

 

を感じ取られていくこともある。

そして女性が登場する絵には「美意識」が強く反映される。

 

描きながら、自分の美意識を登場人物にあげてもらっているような、

 

不思議な感覚である。

<作品名:ajisaiの精霊~潤うココロ・潤うカラダ~>
◇作品: SAKURA~ありのままに~ ◇
桜は、やはり好き。
咲き始めの「はじまり」のわくわくする感じも、
満開を迎えた華やかな時間帯も、
潔く舞いながら散る姿も・・。
桜の季節にはたくさんの思い出に、
思いがけずタイムスリップすることがある。
時に華やかで楽しく、時に切なく・・・
重ねてきた沢山の思い出と、今が絡みあう、不思議な季節だ。
桜は今年もありのままに、美しく、華やかに、切なく私たちを魅了する。
◇作品: 祈り◇
言葉にならない、沢山の祈りがある。
「世界が平和でありますように・・・」
祈りを込めて。。。
 
◇作品:新たなステージへ◇
「次のステージ」に向かう転機が、人生には幾度となく訪れる。
親しんだステージを離れ、旅立つ時____。
勇気を船に乗せて、希望の海を行く。
踏み出せば、過去のすべては金色の叡智となる。
 
新たな、冒険がはじまる。
 
◇作品:FULL MOON
アトリエには出窓がある。
空が広く見えるように、少し高い位置にある。
「気配」のようなものを感じて、窓に目を向けたら
大きな月がぽっかりと浮かんでいた。「そうだ、今夜は満月だった」・・・
肌寒い季節。ひときわ輝く満月に見とれていた。
降り注ぐ、月の光。
 
​神秘的なその光とパワーを残したくて、月光に照らされながら、描いた。
 
 
◇作品: 信じた道をゆく ◇
秋のはじめに、霧島を旅した。
このところ、見たこともないような晴天の青空。
豊かな自然。ひらけた大地。
行く先々の風景の中で、なぜか「木」が気になって、沢山の写真を撮った。
木漏れ日のキラキラとした太陽の光。
紅葉はまだしていなかったが、ココロの目には、全てがゴールドに観えた。
何かが、ふつふつと沸き起こる__熱い感覚があった。
木の絵をムショウに描きたくなり、帰宅後すぐに着手。
何物かこの景色の中に、いるような気がした。
白い馬。緑色の目・・・。
ペガサスは、真の願いを叶えるため、覚悟を決めよと
語りかけている気がした。

◇作品: Love &Peace ~いのちからの祈り ◇

2018年第26回国際平和美術展出品作品 

                (広島&スイス国連本部にて展示)

メッセージ:

 地上で育まれるあらゆる生命たち・・。

 皆が願う幸せは、平和の中にある。

 「いのち」の涙、「いのち」からの祈り。

 平和を愛し選択していく、希望に光る魂でありたい。

 世界平和への祈りを込めて。

KAYO NAKAMURA​

​*全ての作品デザイン・写真・絵・文章は著作法により保護されています。無断で転写・引用・デザインの類似引用は不可となります。*